乾留式焼却炉 “かんりゅう”

愛知中小企業同友会の豊明・緑・東郷のメンバーを中心としたエントロピ豊明で共同開発したごみ焼却炉です。

  1. 廃棄物をガス化炉にて無酸素状態で加熱し、熱分解(乾留)します。ガス化した揮発成分を高温着火バーナーで点火し完全燃焼させます。揮発しない残留物は、第二段階で酸素を供給し完全に灰になります。
  2. 酸素を遮断し加熱するのでダイオキシンの発生を抑えます。(※二酸化炭素は発生します。)
  3. 煙と臭いがほとんど発生しません。
  4. タイヤ・プラスチック・発泡スチロール・紙類など束ねたままでいっしょに燃やすことが可能です。
           

燃焼処理前

     @ゴムマット・ビデオテープ         A含油軍手・樹脂製レジャーチェア

乾留バーナにより廃棄物を500℃前後まで加熱します。酸素が炉内には存在しませんので廃棄物は燃えないで揮発性の物質だけが熱分解され気化し、着火バーナで着火されます。炉内には炭化物(残溜物)だけが残ります。乾留を開始すると、200℃前後まではすばやく上昇していきますが、それ以後温度上昇はゆっくりとなります。これはごみが気化するのに熱をうばうためで、乾留が確実に行われているという証拠でもあります。乾留が完了する頃には再び、すばやく温度上昇していきます。混燃の場合は各々のごみの気化温度が異なるので、温度上昇がすばやくなったり、ゆっくりとなったりを繰り返します。バーナによって炉内温度はコントロールされているので、ごみの種類、量にかかわらず最大600℃程度の昇温でガス化が終了します。ゆえに炉を傷めることはほとんどありません。(一部のごみを除く) 

                           

燃焼処理

            高温着火バーナーで二次燃焼           ほとんど煙が出ません。              

            

燃焼処理後

      @ゴムマット・ビデオテープ        A含油軍手・樹脂製レジャーチェア

オーダーメイド製菓食品加工自動機械の設計・製作
株式会社 吉川機械製作所

〒474−0001
愛知県大府市北崎町井田1−4

TEL   ;0562−46−5141
FAX   ;0562−47−6145
E−Mail ;ymc@ymc-mcn.com